最新更新日:2012.06.17

・ママチャリのリアブレーキのサーボブレーキ化

新規購入したママチャリのサーボブレーキ化とリアハブのグリスアップをしました。今回買ったものは車体が11k円でサーボブレーキが2.5k円でした。バンドブレーキはまだ異音は出てないけども、使い込んでブレーキドラムが固着してはずし難くなるのもイマイチで、リアハブの組み上げ状態も見たかったので、2週間での換装とグリスアップになりました。

結論的にはうまくいった、というところと、なんでリアハブの軸受はあんなにグリスが無いのか??と疑問に思う次第です。もっとたくさんグリスを入れておけば、自転車自体の寿命延長も計れると思います。

走った感じはとてもいいです。ラチェット音もとても静かでタイヤの接地音のみでうれしくなります。

サーボブレーキに換装して、前後ハブ、BB、ステアリングの軸受部にグリスアップした車体というのはとても長持ちしていい自転車と思います。もしこういうのが販売されているとうれしくなります。

サーボブレーキ特有なのかはっきりしませんが、雨天や高湿度の時に起きる「カックン」対応ができました。下のほうに追記しました。

 

 

 

今回、ママチャリ更新での選考のポイントは毎度のように「シンプル」であることです。

1)変速なし:ここが最大のポイントです。外装にしろ、内装にしろ、調子が悪くなるところはここです。つまり変速を無くしてしまうとそれだけで長寿命化ができます。名古屋市内の数kmを移動するだけなので変速は不要なのです。

2)27インチ:今までのスペアパーツ(といってもチューブくらいのものですが・・・・)が使えるので。

3)普通のダイナモライト:ハブダイナモはメンテが悪いという話を聞いていたので、普通のタイヤドライブのダイナモが好きです。

です。ローラーブレーキは今回はやめにしました。

ローラーブレーキは定期的なグリス給油が必要なので、なんだか評価がイマイチなんです。今回、調べていて出てきたのがサーボブレーキです。バンドブレーキのハブであれば換装が可能とのことで今回はシマノ(中国)のリアハブを搭載したバンドブレーキ車にしました。

シマノのリアハブは構造図が公開されていて、各資料も充実しています。

 

 

これが変更前のリアブレーキ周り。まだ新品なのでピカピカです。これに手をいれるのか??とも思いますが、やりたいことはやるべきなんでしょうか?分解開始です

 

さてこれが交換するバンドブレーキです。

緑色のものはキャップです。外すとこんな感じです。中はナットがひとつです。

 内側はこんな感じです。

ブレーキをかけるとカムが動いて、シューが広がります。

うーん、シンプルでとても良い。さてバンドブレーキはこんな感じです。こちらもシンプルでとても良いです。赤いところがドラムに巻きついて制動力が出ます。材質は合成ゴムのような感じでした。ちなみに写真はブレーキをかけたときのバンドの状態を表現してます。

ブレーキを交換するために車軸を外します。軸受ボールが出てきますが、新品なのになんだかあまりグリスが無いみたい・・・・・。いろいろな分解の写真をwebで見てましたが、たいてい使い込んでからの分解で、「軸受はカサカサ」とか表現が多いですが、はじめからほとんどグリスは入っていないみたいです。この自転車がたまたまこうなのか?それともみんなこういうものなのか?

なんだか致命的に至らないところはわざと損傷しやすくして、買い替えを期待しているのかも・・・・なんてことも想像してしまいます。

もしくは倒して保管してグリスがなぜか流れ出て・・・・というとても数少ない故障モードに気を使って故のケチケチグリスか・・・・・。なんだか寂しい限りです。

こんどはフリー側。うーん、ほとんどグリスなし。

つぎにブレーキドラムを外します。特殊工具を使うのが正統派ですがなにか知恵を使ってみたくて、Webを見ているとgomaさんのブログで使われていた方法を応用してやってみました。うまくいきました(^^v。

当初の目的はブレーキの換装なのでここで終わってもOKでしたが、あまりにもメインの軸受のグリスが少ないので、フリーの中も確認したくなり、外すことにしました。

ここでも特殊工具を使う場面ですが引掛スパナを使うことにしました。といいつつも買いに行くところからはじまりますので、外形の測定です。31mmでした。買いに行くと34mmのモノが最小で、どうかな・・・と思いましたが、何とかなるだろうということで購入。930円なり。

ここは逆ネジでした。こんな感じゆるめます。それなりの力で締まっているので、皮手で作業しました。スカタンくらうとだいぶ痛そうです。

 

 

さてこれでフリーが分解できます。おっと、ボールがこぼれそう。でもグリスは先ほどと比べてだいぶ入っています。やはりこれくらいが適正だと思うのです。

見にくいですが薄いワッシャが張り付いてます。また樹脂のシールがフリー内への雨の進入を防いでいるみたいです。また、このタイプはメイン軸受のアウターレースがネジでハブに固定されているので、ローラーブレーキ用のものよりは丈夫いような気がします。

さてこんな感じでグリスアップ完了です。

メインの軸受を組み立てます。ちょっと多いかなと思いつつも、あと3年は開けないで行きたいという欲張りな気持ちからグリス多目の組み立てになります。

 

 

 

出来上がりです。乗った感じもいい感じです。ラチェット音もとても静かになりました。今度も10年乗れると良いな・・・・と思います。

 

  

 

 

・サーボブレーキを使ってみて

2012年6月にサーボブレーキ化して3年ほどで困った現象が起きてきました。それは雨の日や湿度の高い日にブレーキ力が急変して強く制動してしまう「カックン」現象が出てきました。そのため、フロントブレーキ主体で乗るようになっていましたが、リアタイヤのパンクなどに伴い、リア周りを分解する機会ができたので見てみました。

まずこちらは2015年12月の時のもの。記憶では3年使いタイヤのカーカスが出てきてしまって、タイヤそのものが厚いものへ更新したときについでに見たものです。

この時は「うーん、鉄系のサビの付着で赤くなっているなぁ・・・・」「ブレーキシューが割れているとかは無いなぁ・・・」と思いながら、赤い粉をそれっぽくふき取って組み付けました。そうしたらかなり「カックン」は解消されました。

 

今度は2016年6月にリアタイヤのチューブのパンクで分解したときのものです。

明るいときに分解したので段差ができているのがわかります。といいつつもドラムの寿命にはまだまだ到達していないと思いました。

この時はもう少しドラムの内面、シューの表面をサンドペーパーで磨きました。ネットで仕入れた知識で、シューの表面に製作時についている皮膜のようなものがドラムの内面に付着するのが「カックン」の原因という説はよく同意できます。

このドラム内面の研磨&清掃を行ってからは「カックン」ブレーキは発生せずに、だいぶ快適になりました。

現在、5年目。まだまだ新品のように思ってます。

 

 

 

↑to TopPage

メールアドレスはトップページの下です。
spamメール対応です。お手数かけますがご理解下さい。